Woman Labo.

女性の病気と症状

女性特有の悩みや症状は少なくはありません。より女性らしく、きれいに輝いて生きるために、それぞれの病気の症状と治療法の正しい知識を理解しましょう。

生理痛

症状

下腹部痛、腰痛が主な症状ですが、ひどいと吐き気などの症状が出ることもあります。

治療法

軽い場合はリラックスしたり適度な運動が効果があることがあります。痛みがひどい時は鎮痛剤を服用しても構いませんが、痛みがひどくなる前から服用したほうが効果的です。

子宮内膜症

症状

月経困難症(ひどい下腹部痛・腰痛)、性交時痛、排便痛など

治療法

内科的治療と外科的治療があります。
内科的治療には、偽妊娠療法と偽閉経療法があり、両者とも半年以上も生理を止めて治療するものです。最近は偽閉経療法が主流で、内服薬と注射薬があります。いずれも高価な治療法です。対症的には鎮痛剤や低用量ピルが選択されます。内科的治療が無効な場合や卵巣腫瘍(チョコレート嚢腫)がある場合には外科的治療が行われます。

子宮筋腫

症状

過多月経(生理の量が多い)、月経困難症、鉄欠乏性貧血など

治療法

内科的治療には鎮痛剤や止血剤、低用量ピルなどがあります。貧血が強かったり筋腫が大きすぎる時には外科的治療が行われます。妊娠を希望する人には筋腫核出術、妊娠を希望しなかったり、ある程度の年齢の人には子宮全摘術が行われます。

卵巣のう腫

症状

小さい場合は無症状です。ある程度大きくなりねじれる(茎捻転)を起こすと下腹部痛・腰痛が現れます。

治療法

直径7cm位までは経過観察します。それ以上大きくなったり茎捻転を起こした時は、のう胞摘出術や卵巣摘出術が行われます。

更年期障害

症状

頭痛・肩こり・顔のほてり(ホット・フラッシュ)・顔面の突然の発汗(スェット・フラッシュ)・動悸・不眠症・フワフワ浮いたような浮遊感など(多彩な自律神経失調症症状)。不眠症はなかなか寝付けない、やっと寝ても2時、3時に目が覚め朝方まで眠れない、朝方になってようやく寝つてもすぐに起きなければならないため日中の眠気がある、というパターンが多いようです。

治療法

漢方薬、ホルモン補充療法(HRT)、精神安定剤、睡眠導入剤など。

性感染症

症状

性感染症にはクラミジア・淋菌・カンジダ・トリコモナス・エイズ・梅毒などがあります。
クラミジア・淋菌は軽い排尿時痛が起きることがありますが、無症状のことが多いです(無症候性感染)。無治療でいるとオリモノが多くなり、子宮内膜炎・卵管炎・骨盤腹膜炎を起こし、将来の不妊症の原因となる可能性があります。
カンジダ・トリコモナスはオリモノが多くなり、かゆみが出ます。

治療法

クラミジア・淋菌は内服薬や点滴。カンジダ・トリコモナスは腟洗浄とクリームや内服薬。

尿失禁

症状

膀胱に貯まった尿が無意識のうちに漏れる状態で、くしゃみや咳で漏れる緊張性尿失禁、トイレまでオシッコが我慢できずに漏れる切迫性尿失禁などがあります。

治療法

骨盤底の筋肉を鍛えることが重要です。内服薬で相当改善されることがあります。薬が無効な場合には外科的治療が必要になります。

冷え症

症状

手足の冷え

治療法

漢方薬やビタミンEなどの内服薬

カロリーチェック
医療関係者の皆さま
URLをメールで送る