Woman Labo.

基礎体温について【基本編】

健康管理や婦人病の予知にも欠かせない基礎体温。月経や排卵など、女性の体をコントロールしている女性ホルモンの動きをチェックすることで、生理不順を始め、月経異常、また避妊目的など様々な情報が得られ ます。

STEP1 基礎体温とは

基礎体温とは安静時の体温をいい、ゆっくり眠って翌朝目が覚めてすぐに床の中で口中で測った体温です。
運動する前ですから、体温は一番安定しており低い時期です。

STEP2 基礎体温からわかること

基礎体温により排卵日が分かります。月経から排卵日までは基礎体温は低く(低温相)、排卵すると高くなります(高温相)。低温相と高温相の差が0.3〜0.5℃あれば、排卵したと判断します。これまでは体温が下がった時期(drop)が排卵日と言われていましたが、体温自体が変動しており、必ずしも下がった日が排卵日とは言えないようです。後日基礎体温表を見て、この日が排卵日と判断できますが、当日に排卵日かどうかを判断することは難しいでしょう。
排卵が終わればその周期には妊娠しませんから、高温相になって念のために2日以上経てば避妊の必要はありません。
また、基礎体温表をつけていれば、出血や痛みが排卵に関係しているのかの判断材料になります。

STEP3 女性ホルモンと月経サイクル

女性の体は、ホルモンの影響を受けて、体調や気分にまでリズムが生まれます。
自分が今、月経サイクルのどの位置にいるかを知ることで、女性特有の周期的な心身変化に備えることもできますね。

女性ホルモンの状態から、4つの時期に分けることができます。

月経期

代謝が悪くなり、免疫力も低下。貧血や月経痛が起こる場合も。

卵胞期

代謝が良く、気力も充実。運動によるダイエット効果も出やすい。

排卵期

肌の調子は良。妊娠しやすい時期。排卵日には排卵痛が起こる人も。

黄体期

体がむくみ、体重増加。肌荒れが起こりやすく、精神面でも不安定になりやすい。

カロリーチェック
医療関係者の皆さま
URLをメールで送る